1月は正月休業もあり、年末ギリギリにあった申込み対応も行うので、この時期のセントラルは非常に込み合います。
このため、どうしても、新春早々は融資実行まで時間がかかってしまうことも多くなります。
また、1月初旬のように申込みが一度に集中する時期は、承認率は下がってしまう傾向もあります。
しかし、逆に1月後半からは、申込みの大チャンスの時期に突入するので、注目です!

♦繁忙期に向けて申込み件数が増加

消費者金融業界の繁忙期はズバリ3月、4月、9月です。
3月、4月は新年度開始時期であり、9月は上半期終了時期です。このような節目の時期は、何かと入用も多く、消費者金融会社への申込みも通常に比べて増加する傾向があります。
特に3月、4月は1年で一番、申込みが多い時期になります。
また、3月にいきなり申込みが増加するわけではなく、1月後半から徐々に申込件数は増加してゆくことになります。
このような傾向はもちろんセントラルでも同じです。

♦1月後半からは承認率もUP

また、セントラルでは例年、この1月後半からの申込件数増加に合わせて承認率も上昇する傾向があります。
これは、セントラルの営業戦略が、繁忙期に合わせて、貸出しを強化し、融資残高UPを目論むといった内容だからだと思われます。
今期もセントラルは、横浜に無人契約コーナーを出店するなど、拡大路線を継続中です。昨年までと同様にこれからの時期の承認率は期待できます。
このため、1月後半から4月末までは、申込みの大チャンスの時期になります。

 

当サイトは、「キャッシング研究所」が提供する消費者金融セントラル専用の情報サイトです。
最近、「審査が甘い」など安易な謳い文句で、消費者金融会社を紹介するサイトを見かけますが、単なる宣伝目的のサイトや、信頼性に欠けるサイトも多く鵜呑みにはできません。
当サイトでは、銀行や消費者金融など金融機関での勤務経験のあるスタッフが、セントラルでのキャッシングについてどこよりも詳しく徹底解説しています。タイムリーな情報提供も随時行っており、そのようなサイトとは明らかに一線を画しています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。