近年、セントラルのように、中堅業者でも、インターネットキャッシングで全国に貸出しを行っている会社は増えてきています。
ひと昔前は、商圏を全国に広げるためには、各地域に店舗を出店することが主流でしたが、インターネットの普及によって支店の出店が必要なくなったことが大きな要因となっているようです。
セントラルもそうですが、特に、中国、近畿、九州など西日本の業者の活躍が目立ちます。逆に東日本では関東より北の地域では全国展開を開始したという話はほとんど聞きません。

♦西と東では地域性が違う

同じ、日本でも各地域によって、地域性というものがあります。
例えば、持ち家住宅率が高いのは平成25年土地統計調査によると、
1位:富山県(約79%)
2位:秋田県(約78%)
となっており、東北地方に集中しています。
さらに言えば、これらの地域はいわゆる「世間体」を気にする傾向があり、不良債権の発生率は西に比べて少ないということも言えます。
誤解を恐れずに言えば、東北の方から見れば、西日本の方はややルーズに見えてしまうことも多いのかもしれません。(沖縄県の島時間などはその最たるものでしょう。)
ならば、東北地方に集中して営業すればいいかといえば、そう単純ではありません。
東京、大阪、名古屋など都市部に比べて東北だけでは、商圏としてのボリュームが少なく、大きな事業を行うことは困難です。

♦西日本の業者が活躍する理由

このように、各地域の地域性というものがあるので、東北地方で通用した営業スタイルが、西日本では全く通用しないということが起こりえます。
逆に、厳しい環境である西日本で個人融資のノウハウを培ってきた業者が、東に進出するのは、その地域に店舗がなくても、案外、成功しやすいということになります。
誤解を恐れずに言えば、
世間体を気にするおとなしい客を相手にしている東日本の業者が、ルーズな客が多い西日本で成功することは非常に困難なことだが、西日本で通用している会社が東日本に進出することはさほど困難ではない」ということです。
唯一の問題は、西日本の業者のことを、東日本の消費者が、少々荒っぽく感じることもあるということです。

♦セントラルの全国展開が成功している理由

セントラルは、接客対応にかなり力を入れており、中小業者特有の荒っぽさは全く感じられません。また融資実行までのスピードなど、サービス向上にも力を入れていて、西日本業者の弱点を完全に補うスタイルになっています。
セントラルは全国展開業者としては後発組ですが、代表的な成功例と言えます。

 

当サイトは、「キャッシング研究所」が提供する消費者金融セントラル専用の情報サイトです。
最近、「審査が甘い」など安易な謳い文句で、消費者金融会社を紹介するサイトを見かけますが、単なる宣伝目的のサイトや、信頼性に欠けるサイトも多く鵜呑みにはできません。
当サイトでは、銀行や消費者金融など金融機関での勤務経験のあるスタッフが、セントラルでのキャッシングについてどこよりも詳しく徹底解説しています。タイムリーな情報提供も随時行っており、そのようなサイトとは明らかに一線を画しています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。