♦利用金額の4%が目安

セントラルでリボルビング契約の商品を利用した場合の、毎月の返済額の目安は、以下のようになります。(リボルビング契約とは、定められた限度枠内で、入金、出金を繰り返し利用できる契約のことです。)

 

 

50万円までの利用であれば、10万円刻みで、利用金額の4%が目安です。
仮に、1度の追加融資もなく、当初の利用金額の返済を続けていった場合であれば、返済シミュレーション上では、返済期間はおよそ32カ月になります。

この4%の返済額については、「やや高めでは」といった感想もあるかもしれませんが、日本貸金業協会が定める「貸金業の業務運営に関する自主規制基本規則」で、「リボルビング契約の場合、返済が原則3年以内に終了するようにしなければならない」と定められており、これを遵守した内容で、返済金の設定がされているので、やむを得ないと言えます。

ただし、同基本規則では、「ただし極度額が30万円を超える場合には原則5年以内に終了するようにしなければならない」との但し書きもあるので、30万円を超える利用額の返済金については、4%よりも引き下げ出来る余地は残っています。今後に期待したいとろです。

♦変動する最低返済額に注意

では、ここで定められた、最低返済額の支払いを続けていれば、必ず3年以内に終了するかと言えば、そうではないので注意が必要です。
セントラルの場合、利用金額によって、毎月の返済金は変動します。例えば、50万円を利用した場合、当初返済金は2万円ですが、返済することで、残高が40万円を下回った場合は、1.6万円に最低返済額が下がります。
このように、実際は、10万円刻みで最低返済額が変動しますが、3年以内で終了させるためには、例えば50万円を利用した場合、完済に至るまで、当初返済額の2万円の返済を続けてゆく必要があります。
また、枠内追加を利用すれば、なおさら完済は遠のきます。

リボルビング契約を利用するには、これらのことを十分理解したうえで、無理のない返済計画を立ててゆくことが大切です。

 

当サイトは、「キャッシング研究所」が提供する消費者金融セントラル専用の情報サイトです。
最近、「審査が甘い」など安易な謳い文句で、消費者金融会社を紹介するサイトを見かけますが、単なる宣伝目的のサイトや、信頼性に欠けるサイトも多く鵜呑みにはできません。
当サイトでは、銀行や消費者金融など金融機関での勤務経験のあるスタッフが、セントラルでのキャッシングについてどこよりも詳しく徹底解説しています。タイムリーな情報提供も随時行っており、そのようなサイトとは明らかに一線を画しています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。