承認率とは、【承認件数÷申込み件数】の簡単な数式で算出する、審査の通りやすさ表す数値になります。各消費者金融会社の承認率を調査することで、その会社の審査の通りやすさを計る目安にもなります。
インターネットキャッシングが主流になった現在、中小規模の消費者金融会社の承認率は平均で約4%と言われています。業者によっては、1~2%ほどしかない会社もあるほどです。
この数値の低さには驚く方も多いと思いますが、中小業者の承認率が通年で10%を超えてくることはまずありません。
その原因としては、
① もともと大手で利用出来なくかった方の申込みが多い
② 否決になった方がダメ元で何回も申込みをしてくることも多い(インターネットで手軽に申込みができるので増加傾向)
③ 中小業者のキャッシングはキャンセル件数が多い
④ 小規模業者は資金力が低く融資額が限られている
など様々なことが考えられます。
そのような中、最近のセントラルの承認率はどうでしょうか。当サイト及び姉妹サイトのデータから今回、徹底調査してみました。

♦最近のセントラルの承認率

2016年8月・・・7.8%
2016年9月・・・8.1%
2017年10月・・・7.0%
3カ月平均・・・7.63%
(このデータは当サイト独自調査によるものであり、セントラルの公式発表のものではありません)
この数値からも、セントラルの承認率は同クラスの消費者金融会社と比べてかなり高い数値であることがわかります。
また、どこかの月が突出して高い、低いということがなく、比較的、数値は安定していることもわかります。

♦本当の承認率はもっと高い

また、中小業者の承認率が思ったより低いことにガッガリすることもありません。
前述したように、消費者金融への申込みは、同一人物による複数の申込みや、キャンセルなども含まれているので、実質的にセントラルが審査で可決を出している割合はかなり高いものになっているはずです。(おそらく実質的な承認率は、現在の数値の倍以上になっているはずです。)
いずれにしても、承認率の高さと安定性においてはセントラルの右に出る中堅消費者金融会社は、今のところ見当たりません。

 

当サイトは、「キャッシング研究所」が提供する消費者金融セントラル専用の情報サイトです。
最近、「審査が甘い」など安易な謳い文句で、消費者金融会社を紹介するサイトを見かけますが、単なる宣伝目的のサイトや、信頼性に欠けるサイトも多く鵜呑みにはできません。
当サイトでは、銀行や消費者金融など金融機関での勤務経験のあるスタッフが、セントラルでのキャッシングについてどこよりも詳しく徹底解説しています。タイムリーな情報提供も随時行っており、そのようなサイトとは明らかに一線を画しています。
安心安全なキャッシングに役立てて下さい。

この記事を読まれた方はこちらの記事も読んでいます。